遺言


亡くなった方の最後の意思表示です。

  • 自分はそんなに財産を持っていないから
  • 自分の子供達は仲がいいから
  • 自分には妻しかいないから

"だから争いなんておこらないだろう"
そう思われている方は多いと思います。

ただ、現実にはたとえ相続人が子のみだったとして、兄弟姉妹どんなに
仲がよくても相続人関係者(多くは相続人の配偶者)が横から口を挟み
意見が対立したりすると相続が”争族”になりかねません。

親族同士の無用な争いの種にしないためにも、しっかりとした遺言書を残す事が
残された大切な遺族への大切な務めではないでしょうか。
当事務所では自筆証書遺言作成時に無効とならないようなアドバイスや
公正証書遺言作成では遺言書の原案の作成~公証人との打ち合わせ~証人の立会いまで
総合的にサポートいたします。

自筆証書遺言

遺言者が全文を自ら書き、署名・押印する方法によるものです。

【メリット】

  • 費用がかからずに自分ひとりでできる。
  • 遺言の存在、内容を秘密にできる。

【デメリット】

  • 要件や訂正の方法が厳格なため無効な遺言となりやすい。
  • 相続開始後に遺言書の【検認手続】を裁判所でとらなければならない。
  • 紛失・偽造・変造されるおそれがある。

サポート内容

1、遺言書に関する相談を行い、遺言内容について打ち合わせをします。
2、当事務所が遺言書の原案を作成し、その内容を自筆していただきます。

公正証書遺言

公正証書遺言は公証役場へ行き、公証人に作成してもらう遺言です。
公正証書遺言の際には、遺言の証人2人以上の立会いが必要となります。

【メリット】

  • 相続開始後に遺言書の【検認手続】を裁判所でとる必要がない。
  • 遺言の原本が公証役場にも保管されるので、紛失・偽造等のおそれがない。
  • 専門家である公証人が作成するので無効な遺言となるおそれがない。

【デメリット】

  • 費用ががかかる。
  • 証人が2人以上必要となる。

サポート内容

1、遺言書に関する相談を行い、遺言内容について打ち合わせをします。
2、当事務所が遺言書の原案を作成し、その内容を確認していただきます。
3、必要書類を収集します。
4、公証人との事前打ち合わせを行い、必要があれば遺言書原案を修正いたします。
5、遺言書作成当日に証人として立会います。

遺言執行

遺言執行者は、相続が開始され遺言執行者に就任したら相続人や受遺者
へ遺言書の写しを添付して遺言執行者就任通知を出します。
その後相続財産目録というリストを作成し、相続人、受遺者に交付し、
不動産の相続登記や相続財産の管理、遺言執行に必要な一切の行為をして、
相続人の代理人として相続手続きをスムーズに進めていきます。
少しでもトラブルを少なくし、遺言書通りに執行させたいと思うのであれば、
遺言書に遺言執行者を指定しておくことが必要です。

遺言執行者に払った費用は、相続財産から控除できます。

ページトップ