特殊車両通行許可 【オンライン申請対応】


特殊な車両とは?

車両の構造が特殊である車両、あるいは輸送する貨物が特殊な車両で、幅、長さ、高さ及び
総重量のいずれかの一般的制限値(幅:2.5m、長さ:12m、高さ:3.8m、総重量:20t)を
超えたり、橋、高架の道路、トンネル等で総重量、高さのいずれかの制限値を超える車両を
この特殊な車両が道路を通行するためには特殊車両通行許可が必要になります。

通行許可申請

特殊な車両を通行させようとするときにはその道路管理者に申請し許可を得なければなりません。
道路法に違反する特殊車両が原因となった道路破損や、重大事故発生の増加に伴い、
違反車両への取り締まりが徐々に厳しくなってきており許可なくまたは許可条件に反して
特殊な車両を通行させた者、または道路監理員の命令に違反した者などに対しては、特殊な車両を
通行させるとき、許可証を備え付けていなかった者は100万円以下の罰金(道路法第102条第2項)、
車両の幅、長さ、高さ、重さ、最小回転半径などで制限を超える車両を道路管理者の許可なく
通行させた者、または許可条件に違反して通行させた者は100万円以下の罰金(道路法第102条第1項)
等が違反した運転手ばかりでなく、事業主体である法人または事業主も同じように科されます。

当事務所では特殊車両許可申請業務に25年以上携わってきた様々な経験、実績豊富な従業員とともに
対応しておりますのでどんなことでもお気軽にお問い合わせください。

申請にあたってご準備頂くもの

  • 自動車検査証の写し(有効期限の確認できるもの)
  • 車両の三面図、連結検討書(トレーラ)(車両図面=形状・寸法の記載があるもの)
  • 車両の諸元表(車両の寸法、軸重などがわかるもの)
  • 積載物の内容が分かるもの(積載物のサイズや重量等)
  • 出発地、目的地一覧メモ 出発地と目的地(途中立ち寄り先)の所在地・現場名称及び
    通行希望の路線名称(国道1号・2号・3号線等)があればその路線番号又は名称
  • 車両旋回軌跡図(超寸法車・超重量車等の場合)等
ページトップ