相続


相続とは、人の死亡によってその者(被相続人)の財産が法律上、
当然に一定範囲の遺族(相続人)に承継されることをいい、 人が亡くなると相続は100%発生します。

そして遺族の方は相続手続きをすることになりますが、
代表的なもので預貯金や不動産の解約手続きと名義変更、保険金の請求、健康保険や年金手続等があり
これらをおこなうためには、故人の死亡から出生までの戸籍謄本、住民票、相続人の戸籍謄本、
印鑑証明書、その他、実に多くの公的書類を収集し、各機関へ出向くことになります。

相続手続自体にはいつまでにしなければならないという法令はありませんが、
あまりにも放置した結果、相続人に更に相続が発生したりすると、権利者が多くなり
その分戸籍収集等の手間がかかったり、意見もまとまらなくなる事が多々あります。

遺産相続手続とは人生においてそう何度も経験する事ではありませんし、
何をすればいいのか、何をしておけばいいのか、また、誰に相談すればよいのか、
よくわからないと思います。
当事務所では、相続関係調査をはじめ、遺産分割協議書の作成、その後の相続手続きの実務までの
お手伝いをさせていただきます。

不動産登記や税金の申告についてもこちらが窓口となり、提携司法書士、税理士をご紹介します。
円滑な相続をするため総合的にアドバイスをさせていただきますのでまずはご相談ください。

1、相続の開始

相続は被相続人(=相続される人)が亡くなったときから開始されます。
被相続人の死亡届(7日以内の行政への届出)

矢印

2、相続人の確認(戸籍謄本による調査)

被相続人・相続人の血縁を確認する。

矢印

3、相続財産の調査と確認

財産(資産・負債)を確認し評価を行う。

・限定承認・相続放棄の手続(3ヶ月以内)

矢印

4、遺産分割協議書の作成

相続人全員での協議・合意成立により作成を行う。

矢印

5、相続財産の名義変更

遺産分割協議書に基づき資産(金融・不動産等)の名義変更を行う。

・相続税の申告・納付
被相続人死亡時の所在地の税務署に申告・納税(延納・物納の申請)
(10ヶ月以内)

ページトップ